大阪で眼瞼下垂の手術をして人生が大きく変わりました。

初診からわずか2週間に手術を受けました

眼瞼下垂 大阪【2020年】大阪府の眼瞼下垂おすすめしたい6医院

大学病院で眼瞼下垂の手術を受けました | 眼瞼下垂は病気ではなく年齢を重ねた人なら誰でもなるもの | 初診からわずか2週間に手術を受けました

初診からわずか2週間に手術を受けましたが、外来から手術室までは自分の足で歩いて向かい、自分では手術をするという緊張感を感じなかったものです。
まぶたに局所麻酔をするときは若干の痛みはありましたが、すぐに感覚がわからなくなって終始医師や看護師と談笑をしながら本番を迎えました。
手術時間は片目ずつおこない、1回目・2回目ともに10分程度しか掛かっていません。
1回目から1週間の間をおいて2回目とステップを踏みましたが、この時は術後のまぶたの抜糸もおこない、経過観察も兼ねた処置でもあります。
ずっと視界が悪くて気怠いまぶただったものが、術後はその気怠さを感じることもなく気持ちも爽快になりました。
計3週間の治療期間を有しましたが、その後は40代までの私の顔に戻ったようで、眼瞼下垂の目とはまったく違うものになったものです。
特に右目に至っては20代の頃のようなパッチリとした大きな瞳に生まれ変わり、夫からは顔全体が若返ったようだとも言われました。
見た目も視界も良好になって、中年期の今の人生が大きく変わったようのも感じています。
目はさほど自分では老けていないと以前は思っていましたが、明らかに加齢によって変化をしていたと写真を見ても理解しています。
それが短い期間で改善して、いい病院で良い処置をしてもらえたと満足しているほどです。